産業用太陽光発電

HOME産業用太陽光発電

産業用太陽光発電の仕組み

  • 太陽電池モジュール

    太陽の光を受けて、直流電力を発生
    します。
  • パワーコンディショナ・接続箱

    太陽電池からの電力を集め、
    整えます。
  • 監視システム・日射計・気温計

    発電を監視、計測します。
  • 表示装置・売電メーター

    発電状況、電力会社への売買状況を表示します。
1日の発電量が一般住宅用よりも多く、高い電気代収入が見込める産業用システムでは発電ロスを減らし、いかに効率的に売電へ繋げるかが重要です。
そのためには、確実な発電監視・保守管理が必要になります。

住宅用太陽光発電との違い

設置場所が一般住宅以外である事

学校や商業施設などの一般住宅以外(非住宅用)に設置する場合「産業用」となります。

電力の買取制度が異なる

平成24年7月1日より、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」で定められた再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス)で発電した電力を電力会社が一定期間・固定価格で買い取ることを義務付け、電気の消費者が使用量に応じて「賦課金」を支払い、再生可能エネルギーの普及・促進を図る仕組みです。
従来の「余剰電力買取制度」から、発電した電力を高い固定価格で買い取る「全量買取制度」に変わる事で、収益事業として経済的メリットも見込まれ、産業界からも注目を浴びています。

一般住宅 ・・・「余剰電力の買取制度」

太陽光発電した電気から、使用量を引き、余った電気を1kwあたり33円の価格で10年間売る事ができます。(2015年4月現在)

 

 

産業用 ・・・「全量買取制度」
太陽光発電した全ての電気を売電できます。
消費した電気については、通常通り料金を支払います。

PageTop

産業用太陽光発電のメリット

CSR(企業の社会的責任)への貢献

近年では、環境的な価値に重きを置き、ISO14001を取得するなど、環境マネジメントに注力する企業も増えてきた様です。
太陽光発電の導入により、目に見える環境対策として、企業のイメージアップに活用できます。

節税効果

資源エネルギー庁が推進する「エネルギー需給構造改革推進投資促進税制」により新エネルギー設備を設置した場合の特別償却又は法人税額の特別控除ができます。
→詳しくはこちら

一定の経済効果が期待できます

「再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」が成立したことで、発電した電気の全量を高単価で買取る仕組みができました。
これにより、長期的に安定した収益をあげることが可能になり注目を浴びています。

空間の有効活用ができます

未利用・遊休スペース(屋上・屋根・壁面・空き地など)を有効に活用できます。

災害時などの非常電源の確保

万が一災害などで停電した場合にも、日中の日射量に応じて発電した電力を、非常用電源として利用でき、事業活動の全停止を防げます。蓄電池を併用すれば、昼夜問わず電力を確保できます。

省エネ・節電への意識が高まります

企業が環境保全活動に取り組むことは、省エネ・節電へ意識を高め、「環境保護意識」を芽生えさせ、社員の環境教育にも繋がります。
PageTop

導入の流れ

  • 企画構想

    • ご相談
    • 現地調査
      建物・電気設備・周辺環境
  • ↓
  • 設計

    • 発電量シミュレーション
      概算お見積
      最適プランのご提案
      設計の検討
      設置方法(位置・方位・角度)
      周辺機器・システム構成
      コストの算定
    • ご契約
      経済産業省へ認定手続
      電力会社への申込と契約
  • ↓
  • 施工

    • 施工管理
      設備工事の実施
      設置工事の実施
    • 竣工検査
      電力会社との連携
  • ↓
  • 維持管理

    • アフターサービス


       
PageTop

産業用太陽光発電
産業用太陽光発電の仕組み
住宅用太陽光発電との違い
産業用太陽光発電のメリット
導入の流れ

住環境システムサービス株式会社

本社

〒590-0952
大阪府堺市堺区市之町東4丁1-20

サポートセンター

〒170-0013

東京都豊島区東池袋

3-20-21

広宣ビル4F

 

 TEL:0120-82-4846

[太陽光発電のメリット]太陽光発電の疑問に漫画でお答え!

PageTop